Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

Angel Beats! 第2話「Guild」

 ゆりっぺはいい香りがするのか。俺は天使ちゃんの香りを嗅ぎたい。
 死の概念そのものが存在しないから死は一時的なもので、しばらくすれば蘇る。ゆえに仲間が死んでも皆淡白に振舞っているんだけど、慣れというよりも、この世界に対する皮肉みたいなものなんじゃないかなぁ。特にゆりっぺはその傾向が強い気がする。一度失ったら取り戻せないはずのものが、この世界では何度でも取り戻せる。ゆりっぺが神に抗おうとするのは、理不尽な人生を与えたことが許せないだけじゃないのかも知れないな。
 レーザートラップはバイオハザードを連想させるな。しかも記憶から物を生み出すって、投影魔術かよ。
 天使ちゃんが使ってるスキルって、自分に使っているというよりも、自分を取り巻く世界そのものに干渉している感じなんだな。例えば「ディレイ」は見た目は天使ちゃんが瞬間移動して攻撃をかわしているようなんだけど、言葉の意味は「遅れる」だから、実際には天使ちゃん以外の時間が遅くなっていて、しかし世界全体の時間を操作しているのでスキルを発動させた天使ちゃん以外は時間の変化に気がつかず、あたかも天使ちゃんが瞬間移動をしているように見える、って感じで。