Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

るろうに剣心 京都大火編

 悪くはなかった。けど原作と比べると、やっぱり浅いなぁって印象はある。特に蒼紫は、原作だと東京編の時点ですでに登場しているうえ、剣心とはその頃からの因縁があるからこそ、京都編での重要な役割や、彼個人の成長とかがあるわけであって、それを京都編でいきなり出してしまったから、話に突然乱入してきたみたいで一人だけ浮いてるんだよな。特に理由のない暴力が左之助を襲う!
 ってか安慈は登場しているのに、左之助フタエノキワミ、アッー!二重の極みを覚える場面がなかったんだけど、もしかして二重の極みはなし? それから張の切り札である薄刃乃太刀も登場していなかったけど、あれはまあ実写にしちゃうと違和感ありそうだから、あれでよかったのかもな。
 キャスティングに関しては前作同様に原作のイメージにきっちり合わせていましたね。特に宗次郎がほぼ完璧でした。肝心の志々雄についても、極悪だが人を惹きつける強烈なカリスマを持った人物、っていうのがよく表れていたと思います。
 志々雄の影武者軍団と方治の変態的行動は完全なギャグだろありゃ。
 原作と違って剣心に折られていなかったために左之助が持ってきた斬馬刀が、いきなり川に放り投げられてしまった……。