読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

宇宙戦艦ヤマト2199 第六章「到達! 大マゼラン」

映画

 ぐはぁ!!
 おいこら、いきなりヒルデちゃんのメイド服姿とか出すなよ! 性欲をもてあましちゃったじゃないか! ってか設定的に一番ヤバそうなポジションにいたから、色々危惧していたのだが、わりと厚遇されていたな。あとは最後の戦いで死なないことを祈るばかり。
 今回はまさに名将同士の対決って感じが出ていましたね。原作でも今作でもそうだけど、ドメルはヤマトを2回もあと一歩というところまで追い詰めているんだよな。あと原作では「とっくに第三艦橋のライフはゼロよ!」って展開になるはずだったのに、今作じゃ攻撃の無力化波動防壁で見事第三艦橋は守られましたね。
 七色星団の戦いは、原作の流れをほぼ踏襲していましたね。それに加えて、原作ではカットされていた、ガミラス工作員がヤマト内部に乗り込むって話も描かれていました。最も、ドリルミサイルに乗り込んでいたわけではなく、その目的もユリーシャの奪取にあったのですが。
 魚を一匹やれば1日食いつなぐが、魚の取り方を教えてやれば一生食いはぐれることはない、ということわざがあるけど、ガミラスとイスカンダルの考え方の違いっていうのは、まさにそれなんだよね。デスラーは一見、多くの異民族のために活動しているように見えるけど、それはガミラスという巨大な存在に依存するかたちになるから、結局は民族の命運をガミラスが握ることになってしまう。そのためギムレーのような人物の暴虐も許すことになってしまう。対するスターシャは、セレステラから自らの手も汚さずになどと軽蔑されていたけど、それは自らの手を汚してしまったら意味がないことだからであり、原作の終盤でも言っていた、明日の幸せは自分たちの手でつかむもの、という考え方からなんだろうね。
 ディッツと沖田の会談とその前後はもう少ししっかり描いて欲しかったんだが、尺の都合で仕方なく端折られたんだろうな。
 星名と百合亜ちゃんの関係って、途中でユリーシャが百合亜ちゃんに憑依していたりしたから、星名の一方通行みたいに見えたんだけど、いつの間にか両想いになっていたな。
 伊東は最後にもう一回反乱でも起こすんじゃないか、とか思っていたけど、それより前に行動を起こしたな。ただなんだかんだいって、最期は地球のために命を落としましたが。ってか一緒にいた薮が、皆に死んだものだと思われていたためか、そのまま反政府組織に加わって置き去りにされちゃったんだけど、あれでよかったのかなぁ……。お前ガミラス語とか話せないだろ。
 地球人とイスカンダル人とガミラス人が仲良くパフェを食べるって、原作じゃありえない光景だな。
 相変わらずゲールが下品なんだけど、デスラーはうんざりしながらもゲールの報告は聞いてるし、ゲール本人も特にお咎めとか食らってるわけじゃないんだよな。まあゲールにはゼーリックを射殺した功績はあるけど。やっぱり総統も相当(ryが禁句か。
 ってか雪が普通にガミラスで生活してることからして、ガミラスフォーミングの意味が完全になくなっている気がするんだが。なんのために16万8000光年も先の地球をわざわざ移住先に選び、なおかつ環境まで変えようとしているんだか。