読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」

 本当は今日観に行くつもりはなかったのですが、スケジュールの関係から今日観に行った方がいいと判断しました。
 今回は様々な事が明らかにされましたが、地球とガミラスの開戦の原因が想像していた以上に酷かった。対話もせずいきなり先制攻撃って方針も問題ですが、敵の戦力や艦の性能すら調べようとせず勝てるって考えるのもどうかしているとしか。デスラーは今作では敵対していた国家に対してもそこそこ寛大な対応をしていますが、それでもあんなことをされたら滅ぼしても構わないって考えられても仕方がないよなぁ。
 ガミラス星の様子が描かれていましたが、原作じゃ強酸性の雨が降るって設定だったのに、ドメルとかが平然と雨の中歩いていたし、そうした設定はなくなっているようですね。というか、地球とそれほど大きく環境は違わないようにすら見える。まあ見た目がそうってだけで、実際には地球とはまるで環境が違うのでしょうけど。メルダがヤマトの艦内で普通に生活できていたのは、多分個人レベルでは地球側の環境に適応する方法があるってことなんでしょうね。地球の言葉を翻訳できる装置も持っていましたし。
 原作のシリーズの設定がいくつも使われていましたね。次元潜航艦はヤマト3に登場しますし、セレステラの心理戦は原作における空間リレー衛星による心理戦を意識したものでしょうし。しかしそれ以上に気になったのはやはりガトランティスの存在ですね。原作で七色星団の戦いの時に、ドメルの配下に着いた将軍たちが○○戦線とか言っていたことから、その中にガトランティスとの戦いも含まれているんじゃないかって考え方もあったのですが、今回はまさにその通りでした。しかし、ガトランティスが登場したってことは、これは第二部への伏線と考えていいのか? デスラーが電話をしていた相手が誰なのかも気になるし、なんか風呂敷を広げすぎている気もするのだが……。
 原作では薮が同志数人と共にイスカンダルで反乱を起こすんだけど、今作の薮は反乱なんて起こしそうにないよなぁ。むしろ笑顔が怪しい伊東が反乱を起こしそうな気がする。情報部出身だそうだし、イスカンダルに移住せよとか、そういう極秘命令を受けているのかもしれない。