読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

PROMETHEUS

映画

 実は3D映画を観るのって今回が初めてなんですよね。実際に観た感想としては、上手く観るには慣れが必要なこと、ですね。メガネをかければスムーズに3D映像になるってわけではないんですね……。
 人類の起源と、エイリアンの謎に迫る作品、という触れ込みだったのですが、実際には謎の一端が明かされただけで、まだ多くは謎のまま。風呂敷をたたむどころかさらに広げた、って印象ですね。実際続編の製作も決定していますし。
 確かにエイリアンがどうやって誕生したのか、ラストシーンで一応明かされてはいましたが、あのエイリアンはLV-426のエイリアンには直接結びつきませんし、なにより形状が微妙に異なっているんですよね。これからまださらに進化していく、って気がしますし。
 やはりALIENを意識した演出が多かったですね。タイトルの文字が徐々に浮かび上がっていく演出もそうですし、プロメテウス号の船内もノストロモ号を意識した内装になっていましたしね。ただ制作年代の違いゆえに、こっちの方が古い時代なのに、テクノロジーは進歩しているように見えます。あとエリザベスの胎内でモンスターが産まれたり、デヴィッドが首だけになったりするなど、後のシリーズ作品を意識させる演出もありました。
 どうでもいいけど翻訳酷すぎるだろww
 全自動式で、レーザーを使っているとはいえ、開腹手術をした直後にあれだけ動けるエリザベスは凄い女だな。ってか子供が産めない体って言ってたけど、子宮が無いって解釈でいいのか? つまり本来子宮があったはずの場所に、あのモンスターが発生していた、ってことなのか? あとあのシーンは、ギリシャ神話の肝臓を啄ばまれ続けるプロメテウス、を意識して挿入されたのかもしれないな。
 デヴィッドの真意というか、彼がなにをしたかったのかがちょっとはっきりしなかったな。多分もう一回くらい観れば分かって来ることもあると思うんだけど。ウェイランドの目的を達成することが行動理由のように見えるんだけど、採取した黒い液体をホロウェイに飲ませたりするなど、明らかにそれとは違う行動を採ったりもしているし、誰かと通信しているようなシーンがあるんだけど、その相手がウェイランドだったのかどうかも定かではない。まあデヴィッドは生き残りましたし、続編で真相が明かされるかもしれませんが。
 プロメテウス号に一切武装がなかったのがびっくりだ。一応携行用の火器は積んでいたんだから、船にもなんらかの武器が搭載されていてもおかしくないと思ったんだが。まさか、異星人との交流が友好的なものになるに違いないと、本気で考えていたのだろうか?

 まあ脅威の大どんでん返しみたいなものはなく、ある意味想像していたような内容でしたね。特別良かったわけではないけど、悪くもなかったって感じで。