Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

Angel Beats! 第13話(最終回)「Graduation」

 だーまえらしい終わり方でしたね。題材は良かったと思うんだけど、けどやっぱり勿体ないなぁって思う。前にも書いたけど、結局最後まで残った5人で物語を動かしちゃってて、当番回があった岩沢さんとユイ以外のキャラが本当に数合わせみたいになってしまっていたからなぁ。世界の謎とか全然解かれてないし。で思うに、これがゲームの1周目だったらちょうど良い感じなんだよな。これとあと他にゆりっぺとユイがヒロインになるルートがあって、あと世界の謎に迫る完結編みたいなものがあって、くらいだとゲームとしてはボリューム的にはぴったりなんだよね。やっぱり、アニメにはアニメに向いている、ゲームにはゲームに向いているストーリーってのがあって、ゲームに向いている話を書くのに優れたシナリオライターがアニメに向いている話も上手く書けるとは限らない、ってことなんだろうな。この辺りは久弥がシナリオを書いたSolaにも言えることなんだけど。あれもゲームとして再構成すればより良い話になると思うんだけどなぁ。
 結局、あの世界は現実世界の時間の流れと噛み合っているわけではなく、エンジェルプレイヤーの製作者が音無くんだったってことなのか? けどそれだと、色々矛盾が生じてしまうと思うんだけどなぁ。それともその辺は決めてない観てる側の想像にお任せしますってことなのか? いずれにせよあまりにも説明不足過ぎるな。
 後半の音無くんの態度が酷評されているんだけど、私はあれそんなに酷かったかって思うんだけどね。あれは、生前は妹のため、病気で苦しむ見知らぬ誰かのため、そして事故で生き残った人々のために生き、あっちの世界に行った後も、最初は戦線のため、やがて奏のため、そして最後は仲間たちのためにと、いつも自分以外の誰かのために行動していた音無くんが、最後の最後で吐露した自分自身の願いだったと思うんだよね。そりゃあそれがいけないことだって、間違っているんだって、あの世界に残ろうという理由がただの言い訳に過ぎないんだって、そんなことは音無くんだって分かっているだろう。けどどうしようもないって分かっていても、土壇場で別の道、ありえない未来を願ってしまうのは、人間としてそんなに間違っていることかなぁ? 凄く格好悪いけど、格好悪いからこそ人間臭く思えてしまうのは私だけだろうか。