読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

Prince of Persia: The Sands of Time

映画

 良くできたアクション映画、って感じでしたね。製作にジョーダン・メックナーが関わっているとのことですが、ストーリーは映画オリジナルであるものの、原作の設定や演出を巧みに取り入れているって感じでしたね。特に序盤でダスタンが少数を率いてアラムートに潜入する場面なんかは、カメラワークやアクションが原作をかなり意識したものとなっていました。
 原作のプリンスは末の王子という設定なんだけど、結局登場しなかった(最新作には登場するそうだけど)兄が重要な役で登場していました。また原作同様に時間のダガーが物語の鍵を握るわけですが、原作のようにダガーの能力を駆使して危機を切り抜けるという場面は意外と少なく、純粋なアクションシーンが大半を占めていました。それと時間の砂を浴びたものは怪物と化してしまうという設定が原作にあるので、クリーチャーとのバトルがあるのかと思っていましたが、これもなかったです。代わりに、原作における大臣のポジションにあたるニザム配下の暗殺者集団との死闘が描かれていました。ちなみにこのニザムはシャラマン王の弟なのですが、原作の第一期でも、サルタンの弟のアサンがサルタンを裏切ったりしています。
 ストーリーそのものは、まあ原作のThe Sands of Timeをプレイしていれば分かる展開でしたね。特に捻りはありませんでしたが、原作にはなかった王子たちの絆、なんてものも描かれていましたし、一つの物語としてきちんとまとまっていました。
 暗殺者の一人が高速でダークを投げ捲くる場面があるのですが、真アサシンのダーク投射を実写にするとあんな感じになるんでしょうね。