Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

METROID PRIME 3: CORRUPTION

 スペースパイレーツがダークサムス教の信者になっていて吹いた。
 連邦軍兵士の正体は、リサーチした瞬間に分かりましたね。体内にフェイゾン反応を確認ってあったけど、連邦軍の標準的なPED装備っていうのは、バックパックにフェイゾンを注入して使用しているから、体内からフェイゾン反応が出るはずがない。つまりこいつは連邦軍の兵士ではなく、連邦軍の兵士に化けたガンドレイダだって結論がすぐに出ました。すると、今まで惑星ウルトラガスの警備が手薄だったのは、サムスと直接対決したかったガンドレイダの指令によるものだったのか?
 ガンドレイダ戦は、まあガンドレイダはなんというか、相手の能力をコピーするという力を使いこなせていないって印象でしたね。色々な容姿になれるけど、それぞれの容姿の持つ能力をきちんと引き出せていない。だからオリジナルには大分劣る。で、自身の能力も大したものじゃないし、決定打となるような攻撃方法もない。ステルス能力なんてものもあるけど、Xレイバイザーを使えばあっさり見破れるし。結果、実力的には中途半端な相手って感じましたね。まあ経験の浅いバウンティハンターって設定なので、フェイゾンでパワーアップしていたとはいえ、それだけではサムスとの実力差を埋めるには不十分だったということなのでしょう。
 ところで、サムスをガンドレイダが後ろから撃とうとしてたけど、連邦軍の銃器の威力なんてたかが知れてるから、あれじゃ不意打ちに成功したとしても大したダメージにはならないような気がするんだけどなぁ……。
 メトロイドの解体標本が……。