読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

劇場版「空の境界」 第一章『俯瞰風景』

映画

 28日の1回目に席を取って観に行ったのですが、満席のうえに立ち見までいる映画なんて久しぶりでした(笑)。まあ話題作でありながら単館上映だからなのでしょうがね。これが3〜4館くらいで上映していればまた状況は変わってくるのでしょうが……。
 それはさておき、映画自体のクオリティは非常に高く、全七章完全映画化という試みが本気であることを見せつけてくれました。話の内容も、原作と異なり時間軸通りに話が進行していくものの、基本的なエピソードはきっちり抑えてあり、それに加えていくつかのエピソードが発展させてありましたね。特に、原作ではわりとあっさりケリがつく霧絵との対決は、劇場版では戦いが2回に分けられていたり、幽霊少女とも交戦したり、ビルとビルの間を飛び移ったりと、かなり派手なエピソードとなっていました。少女の飛行に関する話とかは原作を読んでいないと今ひとつ理解しづらいですが、まあそれは映画の展開上仕方がないことかと。
 猫アルクが……(笑)。
 映画の式って、繁栄と退廃は背中合わせであるという印象を受ける映像描写と相まって、劇場版「攻殻機動隊」の素子を連想させられるんだよなぁ。そういや坂本真綾は「一応」素子の役だったんだよな。