Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

ef - a tale of memories. 第12話(最終回)「love」

 もうね、なんというか、凄かった。蓮治が千尋の日記を探して走り回る場面は、演出の上手さもあって鳥肌ものだったし、蓮治と千尋が想いを再度確かめ合う場面は泣けてきた。最終回専用のOPも、これまでのどことなく不安な気持ちにさせるOPを上手いこと希望の見えるものに変えていましたし、事実最後は見事なまでのハッピーエンドでした。しかもそのハッピーエンドは、まあ優子さんが多少は手を貸したとはいえ、最終的には主人公やヒロインが自力で掴んだ結末ってのも好感がもてましたね。
 全体的に見て、まあストーリーは確かにあまり大きな捻りはなかったんだけど、綺麗にまとめられた話でしたし、記憶障害という難しい題材を扱いながらも、それを上手く話の中で機能させていて、なおかつ破綻しなかったあたりは高評価ですね。まあなにより今作は、巧みな演出効果で魅せられたってのがやはり大きいでしょう。というか演出が上手ければここまでできるのかというのを見せつけられましたし。期待を遥かに上回る、というか今年最高のアニメだったと言っても過言ではない出来栄えだったと思います。景と京介の話とか、優子さんと火村さんの関係とか、そもそも優子さんは何者なのかとか、アニメだけでは補完しきれない話もいくつかあるのですが、そこらへんは原作で補完しろってことなのでしょうね。