Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

TOMB RAIDER LEGEND

 EIDOSの日本支社が潰れているので、販売元が変更されたわけですが、声優も総入れ替えになってました。でも、特に違和感は感じませんでしたね。とりあえず日本まで進めました。アクションはPrince of Persiaに近かったし体験版もプレイしていたので問題なかったのですが、戦闘に慣れるのに時間がかかりました。なにしろ視界の外の敵はロックオンできないから、自分のすぐ脇とか後から攻撃されてもすぐに反撃に移れなかったりするんですね。視界とは関係なく自分に一番近い敵をロックオンする(Prince of Persiaの方式)、って方がやりやすいと思うのですが。それと、ロックオンモードとかマニュアル視点に切り替えると現在の自分の向きに関係なくカメラの向いている方向に構えてしまうのも、やり辛いと思いました。これもララの現在向いている方向に向き直った方が良かったなぁと。まあここらへんは慣れてくればなんとかなるレベルではありますが。ただ一番苦労しているのは、biohazard 4に出てきたような、ムービーシーンの最中にボタンを押してトラップを回避するってやつ。Xbox360って、ボタンの配置が分かりづらいから(ABXYがSFCの逆に配置されているせいだ!)、普通にアクションをやっている時は気にならないけど、このボタンを押せといきなり指示されても対処が難しいんだよね。おかげでこのムービーシーンでやたらと死んでるし。簡単な操作で連続したアクションを実感できるようにというのがこのシステムを搭載した理由らしいけど、逆に難しくなってる気がするんだよなぁ。GCみたいに、指示が出た瞬間に押すべきボタンの位置が分かるくらい分かりやすいボタン配置だったら良かったのだが……。
 ララの過去の設定はかなり大きく変化しているね。旧作ではララは21歳の時に乗っていた飛行機がヒマラヤの山中に墜落したとなっているけど、今作ではそれが9歳の時となっている。それに父親の名前はサー・ヘンシングリー・クロフトだったはずなのに、今作ではリチャード・クロフトとなっているんだよね。製作元が変わったので、そこらへんの設定も変化したのかな? まあウィンストンとかは旧作から継承されているけど。
 ララがティワナコの女王の話を目にしたとき、すぐさまアーサー王と結びつけたのはなんか唐突な気がしたなぁ。そりゃララはイギリス人だからアーサー王の話は馴染み深いだろうけど、だって女王の話だぜ。性別が違うのにいきなりそこに飛ぶか? ん、性別が違うのに? こ、これはもしや!(笑)
 東京タワーが二つあるんだけど(笑)。