Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

うたわれるもの 第21話「大封印」

 まさに怒涛の展開ですね。もしクーヤにもっと器量があったなら、もっと別の道を模索できたのかもしれませんが、結局最もやってはならない道を選択してしまったわけですか。アブ・カムゥの力は確かに強大で、この世界の一般的な武器を持った兵士が相手なら負け知らずでしょうが、それはあくまで戦でのこと。こんな強引な侵攻を繰り返せば、内部から国が崩壊するのは必須。しかもあの感じじゃ、アブ・カムゥで全土をカバーできるはずもなく、統一はおろか戦いは泥沼化していくばかりだというのに……。多分ゲンジマルはそれが分かっていて防戦に勤めるよう進言したのでしょうけどね。
 ヒエンは純粋にシャクコポル族のことを考えているようですね。ただそれが純粋すぎたために、完全に判断を誤っていますが。ハウエンクアは、ただ殺戮がしたいだけなんじゃ……。
 結局大封印ってなんだったんだ? 一種の儀式魔法みたいなもの? そして死んだと思われていたというディーは、何者かが乗り移っている? もしやその乗り移っているというのがウィツァルネミテア?
 ……って、な、い、いやああぁぁーーー!! なんですかこの次回予告は!! やめて、それだけはやめて!! 私にとってアルルゥは太陽なんだ!! し、死んだりしませんよね!? やばかったけどなんとか生き残るとかそういうオチですよね!? ね!? ね!?(半狂乱)