Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

xxxHOLiC 第13話「ヘンボウ」

 話の性質上アヤカシと絡めてあるけど、要は大人しかったはずの人が突然凶行に走るという、年に1〜2度は話題になる事件を問うた話ですね。アヤカシに取り付かれたことが原因の一因ではありますが、あのアヤカシ自体が取り付いた人間を操っているとかそういうわけではなく、アヤカシは抑制を開放するよう働きかけているだけ。しかもアヤカシが取り付くには条件が必要で、その条件というのが、自分を抑制していて、なおかつその抑制から解き放たれたいと願った人間だけ。つまり、外向きの自分を演じ続けることに疲れ、自分を解放したいという人間がこのアヤカシに取り付かれるわけですね。だからこのアヤカシはある意味、その人間の願いを叶えてやっているんですね。その代わりにその人間の感情を喰って成長すると。まあそんなところですね。
 ただ、なんからしくない話だなぁって思った。もちろん、こういった事件の原因全てがアヤカシの影響だと言っているわけじゃないんだけど、特に感情を抑制する力が弱い人は、なにがきっかけで感情の制御ができなくなるか分からないからな。あと上手く抑制を開放する機会を作れるかどうかとか、周囲の環境の問題もあるし、色々複雑なんだよな。さらに突っ込んで言えば、「普通」=「大人しい」=「凶悪な事件など起こさない」という固定観念もまた危険なわけで。その人間の本質がどうなのかなんて、外面だけでは分からないものですからね。