Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

うたわれるもの 第9話「禁忌」

 中盤戦突入ってところですか。インカラのような、なんでこんな奴が王になれたんだ? というのとは対照的に、恐らくニウェは実力・才能共にかなり高いレベルに位置し、自らの実力で敵対する者を叩き潰して王になったって人間なんでしょうね。そして相応の場数は踏んでいるだろうから、ハクオロの行動から只者でないことを見抜いたのでしょう。降伏勧告から侵攻までの速さは、ハクオロが力をつける前に早い内に叩いておきたかったためではないかと。だが圧倒的な戦力差による不利な状況にあっても、策を巡らすことでハクオロは初戦を制した。この時ニウェは、ハクオロを「敵」として認識したでしょうね。故に次は本気で挑んでくるのではないかと。
 あの三人組、見た目やおつむはザコっぽいのに(笑)、あのベナウィやクロウと互角にやりあうとは……。
 夜に櫓の上にいる兵士二人を同時に射抜くドリィとグラァは、もはや夜目が利くとしか……。
 爆薬の製造方法が存在し、そして禁忌とされているということからすると、可能性として考えられるのは、誰かが偶然か意図的かは知らないが爆薬の製造法を編み出してしまい、あまりの威力ゆえに封印したか、あるいは爆薬を製造できるだけの文明がかつて存在していて、その記録が残っていたか、もしくはこの世界の住人とは異なる何者かがその方法を伝授したか。いずれにせよ、ハクオロは禁忌とされるそれをなぜ知っていたのかが問題になるわけだが。