Primitive Ocean

 元々はゲームとアニメの感想を書いていたのですが、現在はほぼアニメ(ただし更新頻度は遅い)。あとたまに映画とか。

Canvas2 最終回「虹色のフィナーレ」

 あー、あれだな。エリスの宝具はランクA++だったんだろうな(笑)。巷じゃ結構叩かれている結末だけど、私はそれほど悪いとは思わなかった。なんでかというと、あれは浩樹やエリスがどうのこうの言うよりも、決定的な一手を打てなかった霧に問題があったと思うから。実際、ポジション的には常に優位に立っていたはずなのに、霧はここぞという時に決め手に欠けていた。旅館で一晩泊まった時に力技で(笑)浩樹をねじ伏せていれば、そのまま浩樹と結ばれていたかもしれないのに。二度目の告白の場面も、なんか、浩樹はどっちつかずの返答をしたんじゃないんじゃないか。逆にエリスは、赤を使えないというトラウマを切り札として持っていた。その切り札を土壇場で繰り出したために、浩樹の心は一気にエリス側に傾いてしまったんだろうな。結論としては、エリスの勝因は執念深さ(往生際の悪さ)と切り札、霧の敗因は積極性の無さ、だったってことで。
 朋子ちゃんの飛行機の中のあの描写はマジ焦ったけど、エピローグでちゃんと生きていたんで一安心。多分第5話の時点ですでに真相に気がついていたんだろうなぁ。浩樹に心を開いたのもそれが一因にあると思う。んで、あの台詞は、やっぱり朋子ちゃんも浩樹のことを密かに想っていたってことだろうな。でも浩樹は親友の想い人でもある。朋子ちゃんは恋愛よりも友情を優先し、逆にエリスを陰で支えたってことか。な、なんていい娘なんだ!!
 可奈ちゃんが最後にサービスしてくれました(笑)。